スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトリエリーフ ニューヨークシャドーボックス展

昨日は調布で行われているニューヨークシャドーボックスの作品展にお邪魔してまいりました。

P1030082.jpg


今回の作品展の主催であるアトリエリーフさんでは毎回ビブリオアートを使ってたくさんの作品を作って下さっています。

今回もルドゥーテのポストカードを作った作品がズラリと飾られていて圧巻でした。

P1030048.jpg


一つ一つご紹介したいところですが、数が多いので一つの画像にまとめさせていただきました。

20180321-1のコピー


そしてこちらは永石葉子先生の力作 『不思議の国のアリス』。

ラッカムのアリスシリーズを使って本から飛び出してくるような作品になっています。

P1030043.jpg


とにかく素晴らしい作品ばかりですので、お近くの方は是非お出かけください。


開催期間:2018.3.21(水) ~ 3.25(日)

場所   :調布市文化会館たづくり 南ギャラリー
         10:00 ~ 17:30(最終日は16:00まで)


作品に使われたルドゥーテの美花選シリーズ http://www.bibliopoly.co.jp/redoute1.html

       〃    薔薇図譜シリーズhttp://www.bibliopoly.co.jp/redoute2.html

アーサー・ラッカムの不思議の国のアリスシリーズ http://www.bibliopoly.co.jp/images/rackham/bpar005.html


スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドードーめぐり

1月から渋谷文化村で始まっている 『ルドルフ2世 驚異の部屋』

P1020510.jpg


開催期間もあと2週間ほどになってきましたが、後半から来場者も増えているようです。

それにしてもルドルフ2世にコレクションは多岐にわたっていて、オタク度満載で楽しかったです。

あの絶滅してしまった怪鳥ドードーもコレクションしていたのでは..とも言われていますね。

そのドードーの絵を集めて作ったポストカードセット 『ドードーめぐり』 がミュージアムショップでも好評頂いております。

P1020692.jpg


何ともふざけた名前ですが、 展覧会でも人気のルーラント・サーフェリーの作品をはじめ、当時の画家たちが描いた作品を集めています。

異種なところでは 「不思議の国のアリス」 で最初に挿絵を描いたジョン・テニエルの作品も入っています。

rs004.jpg c005.jpg
  サーフェリー    テニエル


ドードー好きの方にはたまらないポストカードセットです。

ネットでもお買い求めいただけます ⇒ Amazon

ルドルフ2世驚異の世界展が始まりました

1/6(土)より渋谷文化村のザ・ミュージアムにて 『ルドルフ2世驚異の世界』 展が始まりました。

ルドルフ2世がありとあらゆるものに興味を持って収集しておいてくれたお蔭で、今日私たちが素晴らしい芸術を目にすることができるんですね。

今では当たり前のように目にする動物たちも当時としては珍しく、ルドルフ2世が動物園まで持っていたという話には驚きました。

今回の展覧会を機にビブリオポリでも宮廷画家サーフェリーの作品をはじめ、フーフナーフェル、ケッセルなど当時の画家たちの作品をラインナップいたしました。


【J.ブリューゲル1世の動物のいる風景画】
P1020526-s.jpg


素晴らしい作品の数々を是非ビブリオアートでお楽しみください。

ミュージアムショップでもお取り扱い頂いております。

P1020512.jpg


  サーフェリーの博物画シリーズ    フーフナーヘルの博物画シリーズ

明けましておめでとうございます

2018年、明けましておめでとうございます。

昨年はシーボルト、ブリューゲル、北斎、ゴッホと大好きな画家の企画展が目白押しで、ビブリオポリにとっても勉強になった一年でした。

P1030034.jpg pbo019g-1.jpg P1020125.jpg vvg029g2.jpg


さて、今年はどんな展覧会が催されますでしょうか。

まずは渋谷文化村ザ・ミュージアムで開催される 『ルドルフ2世の驚異の世界』 展

ga010g.jpg

そして東京都美術館で開催される 『ブリューゲル 画家一族の系譜』 展ですね。

jbo001-g2.jpg


両館は昨年も同じようなタイミングで同じような時代の画家の企画展を開催していましたが、今年も歳初めからその傾向です。

どちらも興味深い企画展ですので、今から楽しみです。

もちろん、ミュージアムショップではビブリオアートもお取り扱い頂きますのでそちらも楽しみにしていてください。


また後日、販売商品の詳細をお伝えしようと思っております。

では、本年もよろしくお願いいたします。

博物画がお好きな方に

『食用/有毒キノコ図鑑』 をラインナップいたしました。

全部で3シリーズございます。

bpjr003-2.jpg

bpjr002-2.jpg

bpjr001-2.jpg


これは1864年にフランスの植物学者ジョセフ・ロック編纂した 『食用/有毒キノコ図鑑(1864)』 のキノコの絵を復刻したものです。

キノコっていろいろな種類があって、形も生態もちょっと不思議な植物ですよね。

昔話や絵本にもよく登場するのはそんなことが理由かもしれません。

是非キノコの世界をビブリオアートでお楽しみください。


キノコシリーズのカタログ ⇒ http://www.bibliopoly.co.jp/roques.html

ポストカードセットは Amazon にも出展しています。


テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ビブリオポリ

Author:ビブリオポリ
音楽を中心に世界各国の主要図書館が所蔵する貴重な楽譜・資料・絵画・アート作品を提供しています。
ビブリオアートはオリジナルの図版を基に、ジークレー印刷技術の応用することによって、これまでにない高品質な美術印刷物です

詳しくはビブリオポリHPをご覧ください。

http://www.bibliopoly.co.jp/

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ジークレーアートとは
現在アートの分野で高精細インクジェットプリンターを用いた美術印刷技法の一般名称として用いられています。 発色性や光彩感に優れ、また数十年間退色しない高耐候性を有する特殊顔料系インクを使用し、高画質印刷を可能にしています。 ジークレーアートは、リトグラフやシルクスクリーンとは異なる新たな印刷技法に基づいた美術印刷として、既に世界で認められています。
図版価格(税別)
ポストカード単品:200円
ポストカード6枚セット:1,000円
A5版:1,000円
A4版:2,000円
A5版額装品:3,000円
A4版額装品:6,000円
当社製品取扱い店舗
渋谷東急BunnkamuraB1Fナディフモダン
リゾナーレ(小淵沢)Books&Coffee
ビクトリアンクラフト(松本)
アランデル(自由が丘)
大原美術館(倉敷)
宇都宮美術館
横須賀美術館
菱野温泉雲の助の湯(小諸)
絵本の森美術館(軽井沢)
シーボルト記念館(長崎)
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。