リチャード・ドイルについて

doyle.jpgリチャード・ドイル(Richard Doyle)(1824-1883)は、英国ビクトリア時代を代表するアイルランド系のイラストレーター・風刺画家です。

父親のジョン(John)も戯画家、油彩画家でしたが、風刺画も多数描いており、そのような父のスタジオで兄弟と共に絵画の英才教育を受けました。

正規の美術教育は受けずに育ちましたが、父は息子に屋外でのスケッチをさせず記憶だけを頼りにして絵を描かせるという独特な教育方法をとり、これが彼の幻想性を養うきっかけとなったと言われています。

生涯を通じて妖精物語に魅了され、妖精、小人、神秘的な生き物などを描いた独自の幻想的な世界を多数遺しています。

punch.jpg1843年、19才のときに彼のイラストが風刺画雑誌「パンチ」創刊号の表紙に採用されてデビューを果たしますが、このイラストはその後100年以上も用いられました。

パンチのスタッフとして7年間働いた後、イラストレーターに専念するために退社し、それ以降ユーモラスで愛らしい妖精たちを個性的なタッチで描き続けました。

また、ドイルは、ジョン・リーチ(John Leech)、W.C.スタンフィールド(Stanfield)等と共同で、ディケンズ(Dikens)のクリスマスブック3部作、『鐘の精(The Chimes)』(1844)、『炉辺のこおろぎ(The Criket on the Hearth)』(1845)、『人生の戦い(The Battle of Life)』(1846)のイラストも担当しています。

fairyland.jpg 
1846年、グリム童話の『妖精の指輪(The Fairy Ring)』に彼が描いたイラストは、妖精イラストレーターとしての名声を確固たるものにしました。

続いて1849年の『世界の妖精物語(Fairy Tales from All Nations)』は大成功を収めました。





現在、リチャード・ドイルのイラストを渋谷Bunkamura B1Fのブックショップ『ナディッフ・モダン』にて販売しています。

リハーサル 誘惑 Airy drive Kissing

遠方の方にはメールでのご注文も受けております。 ⇒ http://www.bibliopoly.co.jp/FormMail/info/FormMail.html

ドイル作品のカタログはホームページからご覧ください。⇒ http://www.bibliopoly.co.jp/doyle.html

テーマ : 浮世絵
ジャンル : 学問・文化・芸術

リチャード・ドイル

今日はビブリオポリで発表しているリチャード・ドイルの作品をご案内します。

【天空のドライブ】       【Kissing】        【リハーサル】      
Airy drive  Kissing  リハーサル

【誘惑】
誘惑

ここでは画像の解像度を落として載せているので分りにくいですが、ご提供する作品では原画の表現を忠実に再現しています。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ビブリオポリ

Author:ビブリオポリ
音楽を中心に世界各国の主要図書館が所蔵する貴重な楽譜・資料・絵画・アート作品を提供しています。
ビブリオアートはオリジナルの図版を基に、ジークレー印刷技術の応用することによって、これまでにない高品質な美術印刷物です

詳しくはビブリオポリHPをご覧ください。

http://www.bibliopoly.co.jp/

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ジークレーアートとは
現在アートの分野で高精細インクジェットプリンターを用いた美術印刷技法の一般名称として用いられています。 発色性や光彩感に優れ、また数十年間退色しない高耐候性を有する特殊顔料系インクを使用し、高画質印刷を可能にしています。 ジークレーアートは、リトグラフやシルクスクリーンとは異なる新たな印刷技法に基づいた美術印刷として、既に世界で認められています。
図版価格(税別)
ポストカード単品:200円
ポストカード6枚セット:1,000円
A5版:1,000円
A4版:2,000円
A5版額装品:3,000円
A4版額装品:6,000円
当社製品取扱い店舗
渋谷東急BunnkamuraB1Fナディフモダン
リゾナーレ(小淵沢)Books&Coffee
ビクトリアンクラフト(松本)
アランデル(自由が丘)
大原美術館(倉敷)
宇都宮美術館
横須賀美術館
菱野温泉雲の助の湯(小諸)
絵本の森美術館(軽井沢)
シーボルト記念館(長崎)
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: