FC2ブログ

楽譜と赤い薔薇の作品について

先日、『楽譜と赤い薔薇の作品を見たのですが、あれは何ですか?』 というお問い合わせを頂きました。

ビブリオアートの中でも人気のある作品ですが、作品についてはご存知ない方も大勢いらっしゃると思うので、改めてご説明させていただきます。


お問い合わせを受けたのはこの作品です。

m009g1.jpg


【作品の背景】

中世末期のイングランド国内では、1455年にヨーク公リチャードがヘンリー6世に反旗を翻して以来、血族であるランカスター家とヨーク家との間で、血で血を洗う権力闘争が続きました。

ランカスター家が赤い薔薇、ヨーク家が白い薔薇を紋章としていたので、「薔薇戦争」と呼ばれました。

この闘争に終止符を打ったのはランカスター家のヘンリー7世で、1485年に即位して新たにチューダー朝を開きました。

翌1486年にヨーク家のエリザベスと結婚し、長く対立してきたランカスター家とヨーク家は和睦しました。


【作品について】
この作品は、ランカスター家とヨーク家の同盟締結を祝福するラテン語のテキストを元に作られた歌曲を、ミニアチュール(細密画)技法によって豪華な装飾譜面に仕立て、ヘンリー8世に献呈されたものです。

カノン形式の上声部(Contratenor)2声と、同じく低声部(Bassus)2声部で一対を成す、全体で4声のダブルカノン形式をとっています。

それぞれ、ランカスター家の象徴である赤い薔薇を中心に円状の五線譜がデザインされ、歴史上最も美しい譜面の1つに数えられています。


先程のものは上声部(Contratenor)で、こちらは、低声部(Bassus)です。

m010g1.jpg


単独でも見栄えがありますが、2つで一対なので、一緒に飾ってみても素敵ですよ。

m009g2.jpg



音楽アートカタログはこちらです。 → http://www.bibliopoly.co.jp/music1.html

こちらのポストカードセットも人気です。 → http://bibliopoly.cart.fc2.com/ca7/82/p-r7-s/

m003.jpg




プロフィール

ビブリオポリ

Author:ビブリオポリ
音楽を中心に世界各国の主要図書館が所蔵する貴重な楽譜・資料・絵画・アート作品を提供しています。
ビブリオアートはオリジナルの図版を基に、ジークレー印刷技術の応用することによって、これまでにない高品質な美術印刷物です

詳しくはビブリオポリHPをご覧ください。

https://www.bibliopoly.co.jp/

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ジークレーアートとは
現在アートの分野で高精細インクジェットプリンターを用いた美術印刷技法の一般名称として用いられています。 発色性や光彩感に優れ、また数十年間退色しない高耐候性を有する特殊顔料系インクを使用し、高画質印刷を可能にしています。 ジークレーアートは、リトグラフやシルクスクリーンとは異なる新たな印刷技法に基づいた美術印刷として、既に世界で認められています。
図版価格(税別)
ポストカード単品:200円
ポストカード6枚セット:1,000円
A5版:1,000円
A4版:2,000円
A5版額装品:3,000円
A4版額装品:6,000円
当社製品取扱い店舗
渋谷東急BunnkamuraB1Fナディフモダン
リゾナーレ(小淵沢)Books&Coffee
ビクトリアンクラフト(松本)
アランデル(自由が丘)
大原美術館(倉敷)
宇都宮美術館
横須賀美術館
菱野温泉雲の助の湯(小諸)
絵本の森美術館(軽井沢)
シーボルト記念館(長崎)
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: