FC2ブログ

中世イングランドの薔薇の楽譜

 今日は中世に作られた薔薇の楽譜をご紹介します。

皆さんも世界史で習った記憶があるかと思いますが、歴史的に有名な中世イングランドの薔薇戦争はランカスター家とヨーク家の争いでした。

ランカスター家の記章は赤い薔薇、ヨーク家の記章は白い薔薇だったため、後世その戦争のことを『薔薇戦争』と呼んでいます。

その後両家は和睦して同盟を締結し、それを祝福するのために作曲された楽曲を、細密画に仕立ててヘンリー8世に献呈しました。 

これがその楽譜です。


ランカスター家の象徴である赤い薔薇を中心に配置し、その周りに円状の五線譜がデザインされており、世界で最も美しい楽譜の一つです。


カノン形式の上声部(Contratenor)2声と、 ↓

m010-2.jpg


同じく低声部(Bassus)2声

m009-4.jpg


で一対を成す、全体で4声のダブルカノン形式の音楽です。


展示会等で飾っていると、皆さん必ず注目されて「これ、楽譜なんですか?」と驚かれます。

こうして額装してみると、一段と綺麗さが引き立ちますよね。


この作品は渋谷・文化村ショップでも売れ筋№1の商品です。


一つずつ飾ってもいいですが、2つをペアにして額装したものもよく出ています。

(写真はショップディスプレイ用の簡易版額装です)

m009-2.jpg 

この作品は音楽好きの方にも、薔薇好きの方にも、幅い広い層で人気があります。


音楽アートカタログ → http://www.bibliopoly.co.jp/music.html




テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビブリオポリ

Author:ビブリオポリ
音楽を中心に世界各国の主要図書館が所蔵する貴重な楽譜・資料・絵画・アート作品を提供しています。
ビブリオアートはオリジナルの図版を基に、ジークレー印刷技術の応用することによって、これまでにない高品質な美術印刷物です

詳しくはビブリオポリHPをご覧ください。

https://www.bibliopoly.co.jp/

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ジークレーアートとは
現在アートの分野で高精細インクジェットプリンターを用いた美術印刷技法の一般名称として用いられています。 発色性や光彩感に優れ、また数十年間退色しない高耐候性を有する特殊顔料系インクを使用し、高画質印刷を可能にしています。 ジークレーアートは、リトグラフやシルクスクリーンとは異なる新たな印刷技法に基づいた美術印刷として、既に世界で認められています。
図版価格(税別)
ポストカード単品:200円
ポストカード6枚セット:1,000円
A5版:1,000円
A4版:2,000円
A5版額装品:3,000円
A4版額装品:6,000円
当社製品取扱い店舗
渋谷東急BunnkamuraB1Fナディフモダン
リゾナーレ(小淵沢)Books&Coffee
ビクトリアンクラフト(松本)
アランデル(自由が丘)
大原美術館(倉敷)
宇都宮美術館
横須賀美術館
菱野温泉雲の助の湯(小諸)
絵本の森美術館(軽井沢)
シーボルト記念館(長崎)
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: