FC2ブログ

オーデュボンの石版画を見てきました(我孫子市鳥の博物館)

7/13より、我孫子市鳥の博物館のショップでもビブリオアートが販売されることになりました。

我孫子市はビブリオポリの埼玉オフィスから近いにも関わらず、まだ行ったことがなかったので、早速お邪魔してきました。

P1070089.jpg


調べてみると、我孫子市は「鳥の街」として有名なのだそうです。

博物館のそばには手賀沼があり、野鳥が生息しやすい環境のようです。

また、紀宮清子内親王(現:黒田清子)が非常勤研究員として勤めたことのある山階鳥類研究所もあります。

鳥好きの方にはとても魅力のある場所ですね。


博物館を訪れた時は、ちょうど「山階コレクション展」が開催されていて、多くの鳥の剥製が展示されていました。

P1070068.jpg P1070060.jpg P1070084.jpg


そして驚いたのは、博物館にはオーデュボンの石版画も多数所蔵されているとのことで、企画展に合わせたものが展示されていました。

P1070058.jpg 


オーデュボンの描いた野鳥のイラストに魅了されてビブリオアートにしてきましたが、オーデュボンの本物の石版画を見たのは初めてです。

確かに、鳥の原寸を同じ大きさに描かれていて、とても迫力のある素晴らしい絵でした。

博物館では、展示内容に合わせてオーデュボンの絵を替えているとのことで、今回は「リョコウバト」と「カロライナインコ」も見ることが出来ました。


そして、その他にも、絶滅してしまっている鳥の貴重な剥製がたくさん展示されていました。

これは1670年頃には絶滅してしまったと言われている「ドードー鳥」の複製です。

P1070086.jpg 

この鳥は、ジョン・テニエルが描いた「不思議の国のアリス」の挿し絵にも描かれていますね。

こちらは、同じく絶滅してしまっている「カロライナインコ」の剥製。

P1070059.jpg



この鳥の博物館のショップではオーデュボンの描いた野鳥のポストカードとA5版シートを販売しています。

P1070090.jpg


A5版シートは「リョコウバト」と「カロライナインコ」を販売しています。

今回博物館仕様として、A5版シートには紙製ガイドを付けてありますので、そのまますぐに飾れます。
(写真はリョコウバトのA5版シートとポストカード

P1070099.jpg 
 

オーデュボンの描いた野鳥をモチーフにしたアート製品はビブリオアートだけですので、ご来館の折には是非ご覧になってください。


子供たちは、明日の三連休から夏休みに入るところが多いようです。

ご家族で行楽がてら、鳥の勉強をするのにはもってこいの博物館ですよ。


オーデュボンのカタログ → http://www.bibliopoly.co.jp/audubon.html



テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビブリオポリ

Author:ビブリオポリ
音楽を中心に世界各国の主要図書館が所蔵する貴重な楽譜・資料・絵画・アート作品を提供しています。
ビブリオアートはオリジナルの図版を基に、ジークレー印刷技術の応用することによって、これまでにない高品質な美術印刷物です

詳しくはビブリオポリHPをご覧ください。

https://www.bibliopoly.co.jp/

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ジークレーアートとは
現在アートの分野で高精細インクジェットプリンターを用いた美術印刷技法の一般名称として用いられています。 発色性や光彩感に優れ、また数十年間退色しない高耐候性を有する特殊顔料系インクを使用し、高画質印刷を可能にしています。 ジークレーアートは、リトグラフやシルクスクリーンとは異なる新たな印刷技法に基づいた美術印刷として、既に世界で認められています。
図版価格(税別)
ポストカード単品:200円
ポストカード6枚セット:1,000円
A5版:1,000円
A4版:2,000円
A5版額装品:3,000円
A4版額装品:6,000円
当社製品取扱い店舗
渋谷東急BunnkamuraB1Fナディフモダン
リゾナーレ(小淵沢)Books&Coffee
ビクトリアンクラフト(松本)
アランデル(自由が丘)
大原美術館(倉敷)
宇都宮美術館
横須賀美術館
菱野温泉雲の助の湯(小諸)
絵本の森美術館(軽井沢)
シーボルト記念館(長崎)
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: